定番の就職祝い

 

就職が内定した人や就職が決まった人に就職祝いを贈ることがあります。
ほとんどの場合が親族関係で学校を卒業して就職が決まった孫、甥や姪に贈るお祝いです。
また、最近では再就職祝い手当などのお祝い金を贈る制度や利用した就職サイトから転職お祝い金などの就職したことによるお祝い金を受け取ることができる場合があります。
前者の親族関係で就職のお祝いを贈るときには金銭が多いですが、中にはお祝い品と金銭の両方を贈る場合があります。


お祝いを贈る立場としては親族の場合には同じ様な品物を贈るのが定番となっております。
なかには貰って嬉しい品物や自分には必要ない品物などがあります。
その時に考えるのが金銭でのお祝いとなります。


また後者では、いろんな条件がありますがこの条件をクリアすることで再就職手当のお祝い金やサイトを利用して転職が決まったお祝い金を受け取ることができる場合があります。
この場合はすべて金銭で贈るので、定番となる品物に該当しないことになります。
就職のお祝いとして品物をプレゼントするときには、プレゼントを贈る側としては特に注意していなくても、贈るのが間違っている品物があります。
贈られた本人も気がつかないことがありますがマナーとして贈らない方が良い品物があります。


次のページから就職のお祝いの品物として贈るのにふさわしい品物と贈るのをやめたほうが良い品物、就職のお祝いに贈る相手の立場に考えて贈る方が良い品物と贈らないほうが良い品物の説明をさせていただきます。